投資をする前に知っておきたいこと

投資は預金と違い元本が保証されていません

投資は預金と違い、必ずしも元本が保証されませんので、予備知識を持たないで投資をすると必ずと言っていいほど痛い目に逢います。
投資の種類には株式・外貨・債券などを始め色々とありますが、皆さんが良く目にするのはお昼のNHKニュースで発表される日経平均株価ではないでしょうか。日経平均株価は、東京証券取引所一部に上場する225銘柄のピックアップしたものであり、よくベンチマークとして使われています。
株式投資は、読みが当たれば儲けられますが、日経平均株価採用の銘柄でも時には大きく暴落し大きく損失を出してしまうリスクもありますので、常に世の中の動きや業界の動きなどに常にアンテナを張ることが要求されます。
ちなみに、国内を代表する総合電機メーカーは、事業で巨額損失を受け倒産の危機に直面している実例もありますので、投資はあくまでも余裕資金で行なうのが賢明です。

投資の予備知識をつけるためには

投資が全くの初めての人は、世の中の動きを知るために、新聞を読む習慣をつけることがひとつではないでしょうか。新聞は、インターネットニュースでは中々得られない内容も載っていますので正に情報の宝庫でもあります。
実際に、株式投資をしていますが、今まで全くと言って読まなかった新聞をほぼ毎日のように目にするようになりましたし、それがきっかけで良いタイミングで買えた投資商品があります。
投資の知識をつけるためには、新聞と資本主義経済に関連した書籍を読むと、色々な観点から投資のヒントを得られますし、色々な物事の考えがされますので知識が集積されます。
専門書は高いイメージがありますが、2,000円程度でも内容が充実しているモノは買えますので、余りにも乗り気でない飲み会を1回断るだけでも工面できます。
投資のメリットは、国内に限らず外国の文化や歴史に触れる機会でもありますので、それ以外にも色々と役に立ちますよ。

© Copyright Financial Challenges. All Rights Reserved.