何から始めれば良い?ファンドトラップを始めるための第一歩

ファンドラップのメリットと注意点

ファンドラップとはまとまった金額の金融資産について金融機関に運用を一任するサービスです。ラップ口座に比べ少額からでも始められるので、手軽にプロのアドバイスを得て資産運用ができるメリットがあります。仕事で金融資産運用に手が回らない人でも、プロが金融市場を見て資産の調節を行ってくれるので安心して任せることが可能です。数多くの投資信託を購入して資産運用を行うので、日本や世界の成長分野への投資が少ない手間で行えます。リスクをどれぐらい取るかについても事前に指示が出せるので、個人に合わせた細かい対応ができます。注意点は自分で金融商品を買って運用する場合に比べ、手数料がかかります。手数料について購入前によく確認して、払いすぎることのないようにしましょう。

ファンドラップの選び方

いきなり大量の金融資産を預けるのには抵抗がある場合は、少額から始められるファンドラップに申し込むのがいいでしょう。10万円から始められるので手軽に申し込めます。
また資産運用で取れるリスクに応じて選ぶべきファンドラップも異なります。運用方針を定めることができるのでそこでリスクを調節することも可能ですが、ファンドラップによって組み入れられる金融商品が異なるので、ファンドラップを選んでから組み入れられない金融商品が出てこないよう気をつける必要があります。また相続に対応して現金化や相続人指定が行えるファンドトラップもあるので、相続を前提にした資産運用を検討している場合にはそれに対応したファンドラップを選ぶのがいいでしょう。

© Copyright Financial Challenges. All Rights Reserved.