自分に合ったファンドトラップを選ぶコツ

ファンドラップとはどのような投資方法か

金融機関に投資を一任するラップ口座と呼ばれるサービスが存在します。金融機関が投資戦略やポートフォリオの提案を行い、投資家に代わって資産運用を行います。ラップ口座では運用資金が数千万円から数億円と莫大な額になるため、一般的な個人投資家には少し敷居が高くなります。一方でファンドラップはラップ口座の縮小版ともいうべき投資方法です。専門家である金融機関が資産運用のアドバイスを行い投資家の代わりに投資を行うという基本的な部分は同じですが、運用資金が数百万円と少額であるため一般的な個人投資家が資産運用に活用しやすいという特徴があります。通常の投資信託では選定から運用・管理を全て投資家自ら行うことが必要です。一方ファンドラップでは金融機関が出資者の意向に沿って複数の投資信託に投資を行います。

ファンドラップを始めるには

ファンドラップは運用資金が数百万ほどでよいため、個人投資家にも始めやすい投資方法です。証券会社や銀行がサービスを提供しています。ファンドラップを始めるに当たってまず注意すべき点は最小投資額です。各金融機関が提供しているサービスには最低投資額に違いがあり、500万円が必要となる場合もあれば300万円から始めることができる場合もあります。またファンドラップを利用するためには投資顧問料と運用管理手数料を支払わなければなりません。顧問料と手数料を合わせると運用資産額の1%から2%ほどですが、運用額によってはかなり高額になる場合も存在します。資産運用にかかる費用はなるべく安い方がよいのですが、各金融機関の投資実績も考慮して選定することが求められます。

ファンドラップはお客様と一緒に新しいかたちの運用スタイルを提案してくれます。どの商品もニーズに合っているので気軽に投資相談をすることができます。

© Copyright Financial Challenges. All Rights Reserved.